古河:米銀商店 最新情報ブログ


古河:米銀商店
<< 上和田有機生産者組合訪問 | main | クリスマスパーティーセット >>
遠藤五一さん・日本一の田んぼ
遠藤五一さんの田んぼにやってきました。

ここで約1時間、遠藤五一さんのお話を伺うことが出来ました。
上和田有機米生産者組合のこと、米作りのこと
日本の農業の将来について、そして農業とわれわれ商工業との共通点について。

米作りについて、そして日本の農業の将来についてをはなしているときの
遠藤さんの目は遠いところを見ていました。

一番印象に残った話は
「有機栽培米はだれにでもできる。問題なのはいかにおいしく安心して食べられるお米を作るかだ。
肥料の与え方一つでもお米の味は変わってくる。
上和田有機米の決まりでは1反部あたり何キロ有機肥料を入れればよいのかきめられている。
問題は同じ田んぼの中でもどこにどれだけまけばよいかを考えなければ。
もちろん風の向き、水の流れを考慮に入れなければ」
『神は細部に宿る』私はこのときこのことばを思い出しました。
こだわって、こだわって、こだわりぬいてお米を作る。
収穫してお米を味わってできばえに満足せず、
米作り一年を省みて、省みて、さらに省みて翌年の米作りに生かす。
遠藤五一さんのお米が日本一なるのは必然のように思えました。
遠藤さんだけではないでしょう。
上和田有機米の皆さん、二宮組合長、渡部京一さんをはじめみな同じ思いでしょう。
遠藤さんはこうも言っていました。
「きちんと米作りを出来ない方には上和田有機米生産者組合を辞めていただくこともある。
だれもが上和田有機米を作ることが出来るとは限らない。
組合長にはその権限がある。
組合員全員で上和田有機米のブランドを作り守っていかなければいけない。」
私にとってこの日一番重いことばでした。

これから田んぼの水を抜き除草作業が始まります。
収穫までに何度もこの作業を繰り返すそうです。

やっぱり遠藤五一さんのお米・上和田有機米生産者組合のお米『日本一』です。
再認識した山形・高畠訪問でした。


茨城古河:肴町 米銀 ホームページはこちらをご覧下さい。
茨城古河:肴町 米銀への店舗アクセスはこちらをご覧下さい。
| 遠藤五一 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.komegin.com/trackback/826396
トラックバック